紫外線のリスク

これからの季節、気になるのは紫外線ですよね。僕は元々色白なのですが、それがコンプレックスでした。日焼けをしている人は健康的に見えることや、日焼けをすることに夏を感じるなどの理由から、色黒の人に憧れがあり10代~20代の頃は夏になるといつも、わざと真っ黒になるまで日焼けをしていました。しかし、30代になるとチラホラとシミが出来始め、あの頃を後悔したりもしています(泣)。

 

シミやソバカスが出来る仕組みは、紫外線を受けると肌でメラニンが作られることにより肌が黒くなります。そんな紫外線を吸収したメラニンが増えてしまうと、その部分が黒く見えてしまいます。これが、シミやそばかすです。

また、年齢を重ねると、シミだけでなくシワやたるみも現れますが、これは紫外線を浴びることによって発生する「光老化」という皮膚障害だそうです。

しかし、一番怖いのは皮膚がんなどの危険性が増すことです。日焼けをするとすぐに皮膚がんになるわけではありませんが、紫外線を受け続けることで皮膚がんになるリスクが高まるのは事実です。紫外線を浴びると、遺伝子が傷つき、傷ついた遺伝子は修復されますが、大量の紫外線を浴びた場合、多くの傷ができます。すると、傷が正しく修復されず、間違ったかたちで治される場合があります。特に、子供は細胞分裂が盛んなため、大人以上に間違って修復される確率が高くなります。間違って修復され、正常な細胞でなくなった遺伝子は、皮膚がんの原因になってしまいます。

遺伝子検査サービス「MYCODE」

 

日焼けをすることは大きなリスクがあるということを理解したうえで、上手に夏を楽しみたいですね。

 

↓宜しければクリックをお願い致します。


健康と医療ランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です