体温と免疫力の関係。体温が下がると病気のリスクは上昇する。

体温と免疫力には密接な関係があり、体温が下がると体に様々な不調を起こします。

 

低体温の状態は低血圧になりやすく、低血圧は血行不良による不調が起こりやすくなります。たとえば、免疫細胞の働きが低下するため風邪や感染症にかかりやすくなります。体温が1度下がると白血球の働きが衰え、免疫力は30%下がると言われており、がん細胞は体温が35度の時に最も増殖する性質があるとされているのです。

しかし、体温が1度上がると免疫力は一時的に5~6倍上がります。風邪を引いた際に発熱するのは、防御反応を強化するために免疫システムが活性化した状態なのです。
また、体温が上がると、基礎代謝が上がるため新陳代謝が活発になり太りにくい体になります。それに、血行が良くなると血液量が増え、細胞にも十分な酸素と栄養が供給されるため、健康だけでなく若さの維持につながります。その他、脳の血行が良くなるために記憶力の向上や認知症の予防にも期待できます。

体温を上げるためには、夏でも湯舟に浸かって体を温めることが重要です。
また、定期的な運動を行い、筋肉量を増やす必要があります(運動についてはこちらをご覧ください)。
そして、食生活に気を付けることです。夜寝ているときに体温は下がりますが、朝食を摂ることで体温が上がります。また、栄養バランスのとれた食事を心掛けることも必要不可欠です。

 

本来、人間の体温は36度5分~37度程度が理想とされています。体を温め、平熱を上げることが健康維持につながるのです。

 

↓宜しければクリックをお願い致します。


健康と医療ランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です